※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。
※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

【国内最多34銘柄】バイナンスジャパンについて

バイナンスジャパンってどんな会社?

このような疑問を解決します。

この記事でわかること
  • バイナンスジャパンについての基本情報

バイナンスとは

バイナンスグローバルは、仮想通貨の1日の取引量が世界最大の暗号通貨取引所であり、日時取引高は2023年8月現在 380億ドルとなっている。

バイナンスジャパンとして日本国内で利用できる暗号通貨取引所として2023年8月1日にサービス開始した。

バイナンスグローバル
の日時取引高
2023年8月現在
380億ドル
バイナンスグローバル
の登録ユーザー
1億5000万人
バイナンスグローバル
の取り扱い銘柄数
約1000銘柄
バイナンスジャパン
サービス開始
2023年8月1日
暗号資産交換業者登録済み
バイナンスジャパン
の取り扱い銘柄
34銘柄
(国内最大)
最低取引数量0.001BTC
取引手数料0.1%
BNBコインの利用で0.05%

バイナンスジャパンのメリット

取引手数料が安い

取引手数料が安い0.1%

独自トークンのBNBコインを利用すると取引手数料が優遇される。

国内最大の34銘柄を取り扱い

バイナンス取扱銘柄は国内最大の34銘柄です。

ビルドアンドビルド(BNB)とアルゴランド(ALGO)が国内初上場となります。

【国内の暗号通貨取引所と比較】

コインチェック22銘柄
GMOコイン26銘柄
BIT BANK30銘柄

バイナンスジャパンのサービス

  • シンプル・アーン(貸暗号資産):コインを預けて利息を得るサービス
  • 自動購入(オート・インベスト)
  • NFTマーケットプレイス

日本円の入出金が可能になった

グローバル版と違い日本円での入出金が可能になりました。

バイナンスジャパンのデメリット

  • バイナンスグローバルの銘柄(1000種類以上)全ては取り扱っていない
  • レバレッジ取引に対応していない
  • 2023年8月中旬までは法定通貨の出金はできない
  • 国内の他の暗号資産取引所への送金が不可能

【 他の暗号資産取引所への送金が不可能 】

バイナンスジャパンの送金システムがGTRに対応していて、現在のトラベルルールでは国内の他の暗号資産取引所への送金が不可能です。

バイナンスコイン(BNB)とは

バイナンスが独自に発行しているBNBトークンの事。

現在は、『バイナンスコイン』から名前が代わり『ビルドアンドビルド』となり、BNBチェーンは『バイナンスチェーン』から『ビルドアンドビルドチェーン』となっています。

時価総額ランキング(2023年8月7日):第4位

現在価格(2023年8月7日):1BNB=34,409.63円

過去最高価格(2012年5月):1BNB=98,379.73円

参照:Coin MarketCap

バイナンスの口座解説方法

バイナンスグローバル版を使用している場合

バイナンスグローバル版を登録済みの場合は8月14日以降に新しいKYCを行う移管手続きが必要となります。公式サイトによると順次案内があるとのことです。

  • 8月14日以降に新しいKYCを行う移管手続きが必要になる
  • 11月30日までグローバル版を機能制限し限定利用が可能になる
  • 12月1日以降、日本版が利用できるようになる

バイナンスグローバルの銘柄(1000種類以上)全ては取り扱っていないので、バイナンスジャパンで取り扱っているコインにするか、移動するなどの対策が必要です。もし2023年11月30日までに対応していない場合は自動的にビットコインに変更されます。

まとめ

  • バイナンスジャパンは世界最大のバイナンスの日本国内向けの暗号通貨取引所
  • バイナンスジャパンは国内最大の34銘柄を取り扱っている
  • バイナンスグローバル版を登録済みの場合は2023年8月14日以降に新しいKYCを行う移管手続きが必要
  • バイナンスグローバル版を登録済みの場合は2023年11月30日までに対応しておく

コメント

タイトルとURLをコピーしました