※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。
※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

コインチェックでお得にビットコインを買う方法

仮想通貨

販売所と取引所ってどう違うの?

販売所と取引所どちらで買うとお得なの?

このような疑問を解決します。

この記事でわかる事
  • 販売所と取引所の違い
  • 販売所と取引所どちらで買うとお得か?

販売所と取引所の違いについて理解できると自分に合ったビットコインの購入方法がわかるようになります。

手数料の安い取引所の使い方を覚えてお得にビットコイン(仮想通貨)を買えるようになりましょう。

お友達紹介限定!

\ 1,500円相当のビットコインがもらえるキャンペーン中! /

紹介URLから口座開設するだけで1,500円相当のビットコインがもらえます。

【 注意 】紹介URLから口座開設をしないと貰えないので必ず紹介URLを利用しましょう。

このようなお得なキャンペーンは顧客獲得のための広告の一環として行われていて、もう十分だと判断された場合など 金額が減ってしまったり キャンペーンが終わってしまう事もあります!

当キャンペーンは、予告なく変更、延長、終了することがございます。なお当社は、変更あるいは終了により生じた損害については、一切責任を負いません。

上記はコインチェック公式サイトの注意書きに記載されています。

早めに口座を開設してお得にコインチェックを始めましょう!

販売所と取引所の違い

【販売所と取引所の比較】

販売所取引所
取引手数料 無料無料
手数料相当額 0.1~0.5%※
取引相手コインチェック個人の買い手・売り手
注文方法成行成行・指値・逆指値
操作アプリ・ブラウザブラウザ

※価格の急変時や市場の流動性によって、上記を超える場合あり。

【取引方法について】

成行注文について:

  • 成行注文は、指定した価格ではなく、現在の市場価格で即座に取引を行う注文です。
  • 購入の場合、成行注文を出すときに、現在の市場で最も安い売値で仮想通貨を購入します。
  • 売却の場合、成行注文を出すときに、現在の市場で最も高い買値で仮想通貨を売却します。

指値(Limit Order)について:

  • 特定の価格で取引を行うための注文。
  • 購入の場合、指定した価格以下で仮想通貨を購入する注文。
  • 売却の場合、指定した価格以上で仮想通貨を売却する注文。

逆指値(Stop Order)について:

  • 特定の価格に達した際に、指定した価格での成り行き注文に切り替わる注文。
  • 購入の場合、指定した価格以上に価格が上昇したときに購入注文が成立。
  • 売却の場合、指定した価格以下に価格が下落したときに売却注文が成立。

販売所とは

販売所(Buy/Sellサービス):コインチェックとユーザーが取引を行います。

販売所は、取引の深さや複雑な注文タイプは限られている為、感覚的に使いやすいシンプルな機能が多くなっています。特にコインチェックアプリでは取引所がなく簡単な操作で仮想通貨を購入・売却することができる為、主に初心者向けのサービスです。

販売所で購入する手順はこちらで詳しく解説しています。

販売所のメリット

  • アプリからも購入できる
  • 簡単な操作で仮想通貨を購入・売却できる
  • すぐに取引が成立する為、即座に購入・売却が確定する

販売所のデメリット

  • 取引所と比べて手数料が高い
  • スプレッドが大きい

販売所の手数料

販売所取引手数料 無料
手数料相当額
(スプレッド) 
0.1~0.5%
※価格の急変時や市場の流動性によって、上記を超える場合あり。

コインチェック販売所の手数料は無料ですが、実は手数料相当額(スプレッド)というのが0.1〜0.5%かかります。

コインチェックアプリは初心者にとって分かりやすいように徹底的に簡易化されています。

暗号資産取引所(コインチェック)の運営する販売所が提示した価格で購入・売却する為、即座に購入・売却が完結します。

取引所では購入していない間にも価格が変動してしまう事もあるので『チャンスを逃したくない!』『とにかく早く買いたい!』という方は販売所で購入すると良いでしょう。

ですが、長期的に見て手数料を甘く見てはならないです。

最初は販売所で始めても将来的には取引所を使えるようになると良いでしょう。

取引所とは

取引所(Exchangeサービス): ユーザー同士が取引を行います。

取引所は、より経験豊富なトレーダーや投資家向けのサービスで、さまざまな仮想通貨の相場を取引することができます。取引所では、市場価格に応じた注文や指値注文、逆指値注文など複雑な取引が可能です。

取引所のメリット

  • 手数料が販売所よりも安い

取引所のデメリット

  • ブラウザ版のみの為、アプリで取引できない
  • 販売所と比べると少し手間がかかるので難しい
  • 取引が成立しないと確定できない為、購入・売却に時間がかかる場合がある
  • 必ずしも取引が成立するとは限らない
  • しないと、購入・売却が確定しない

取引所の手数料

取引所取引手数料 無料

取引所では買いたい人と売りたい人それぞれ希望価格を提示します。

買いたい人と売りたい人の希望価格が一致しないと取引が成立しません。

買いたい人と売りたい人の希望価格が一致した時に取引が成立します。

売りたい人の希望価格と一致しないといつまでも取引が成立しない場合もあります。

ですが指値価格を設定して希望の価格になるのを待つ予約注文もできるので、もっと安く買いたい場合は希望価格(指値)を下げることも可能になります。

数時間後に取引が成立している場合もあります。このように取引所では、さまざまな注文方法が可能となり販売所と比べて手間がかかるので初心者には少し難しいかもしれません。

覚えてしまえば簡単な作業で手数料も安くなる為、取引所を利用できるようになるとメリットが大きいでしょう。

販売所と取引所どちらで買うとお得か?

結論:販売所よりも手数料の安い取引所を使って購入する!

【販売所と取引所の手数料の比較】

販売所取引手数料 無料
手数料相当額
(スプレッド) 
0.1~0.5%
※価格の急変時や市場の流動性によって、上記を超える場合あり。
取引所取引手数料 無料

取引所で指値でビットコインを買う手順

現在、取引所を使う場合はブラウザ版のみになります。

今回はPCブラウザから取引所でビットコインを購入する手順についてです。

① 取引所を表示する

スマホのブラウザ版は、ログイン後スクロールすると途中に現物取引の項目が表示されます。

【 上記、赤枠内の見方 】

レート希望のレートを入力する
注文量希望のBTC枚数を入力する
概算おおよその日本円が算出される

② 希望のレート・BTC注文量 を入力する。

レートは右側にあるBTC買い板/売り板に表示されている価格をタップするとレート欄に自動的に同じ価格が入力されます。

0.005BTC以上からの取引になる為、500円で購入できませんでした。

4,136,585円の時、0.005BTC=20,682.925円が必要となります。

【 取引所における最低取引額 】

日本円500円相当額以上
BTC(ビットコイン)0.005BTC以上

③ 買いをタップし、注文をタップし手続き完了です。

取引所の場合システム上、即座に取引が成立しないことがあります。

もし取引が成立されずやり直す場合はキャンセルをして再度、購入手続きを行うことが可能です。

まとめ

  • 手数料は販売所・取引所どちらも無料だが販売所はスプレッドが0.1~0.5%ほどかかるので取引所で購入した方が安い。
  • 手数料の安い取引所で買うための指値注文の方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました