※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。
※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

仮想通貨はオワコンではない3つの理由

仮想通貨

仮想通貨はオワコンなの?

今から始めても遅くない?

2021年に仮想通貨バブルが弾けて価格が低迷中なので今から始めても遅いのかな?と疑問に思う方もいるかもしれません。

そんな疑問にお答えします。

この記事でわかること
  • 仮想通貨の現状について
  • 仮想通貨はオワコンではない3つの理由

2021年に仮想通貨バブルが弾けて価格が低迷中ですが、実はチャンスだと言われています!

なぜかと言うと過去のチャートを見ると半減期の翌年は価格が高騰していて、次の半減期が2024年と迫っているからです。

エマ
エマ

高級ブランドがNFTへの参入など

明るい情報も飛び込んできました。

仮想通貨はオワコンではない理由がわかる内容となっているので、この記事を参考にして仮想通貨デビューをしましょう!

仮想通貨はオワコンなのか?現状を知る

仮想通貨がオワコンなのかを知る前にまずは仮想通貨の現状を見ていきましょう。

  • 【現状】世界の仮想通貨市場の時価総額
  • 【現状】世界の仮想通貨の保有率

世界の仮想通貨市場の時価総額

参照記事:coinmarketcap岡三証券

世界の仮想通貨市場の時価総額は1.158兆ドル (2023年8月時点)であり、世界の株式市場の時価総額は105.9兆ドル(2023年6月時点)です。

株式市場と比べると約100分の1とまだまだ小さいことがわかります。

世界の仮想通貨の保有率

日本人の所有率は、500万人以上で日本の総人口の4.13%が所有しています。

世界で1番所有率が高いのはアメリカで4600万人以上で14.36%が所有している結果になりました。

所有者数所有率
No.1アメリカ4600万14.36%
No.2インド2700万 6.55%
No.3パキスタン2600万6.60%
日本 500万4.13%

参照記事:tripleA

現状を見ると、参入者は増えているがまだまだ小さいのでは?まだここから伸びる可能性はあるのか?とも感じますね。

では、今後の可能性について見ていきましょう。

仮想通貨はオワコンではない3つの理由

まだまだ伸び代の大きい分野であることから仮想通貨業界はオワコンではないと言えます。

仮想通貨はオワコンではない理由を3つあげて【仮想通貨の可能性】に迫ります。

  • Web3.0時代へ突入
  • 世界の大企業や高級ブランド企業の参入
  • 2024年にビットコインは半減期を迎える

Web3.0時代へ突入

Web3とは、分散型インターネットと呼ばれ、中央集権である管理人(銀行、GAFAMなどの企業)やサーバーが不要となり個人と個人が直接データのやり取りを行う事が可能となった。

  • 分散型ネットワーク(非中央集権)
  • 代表的なWeb3.0の技術:NFT・DeFi・メタバース・DAO・SocialTokenなど
  • 仮想通貨により直接送金が可能
Web1.0Web2.0Web3.0
中央集権型中央集権型非中央集権型
1990年代頃2000年代頃2018年頃〜
一方方向型双方向型分散型
WEBサイトで発信、閲覧
メッセージの送信
SNSで発信、交流
メッセージアプリでチャット
メタバースなど
多角的なコミュニケーション
銀行店舗のみ銀行のオンライン化仮想通貨で直接送金

世界の大企業や高級ブランド企業の参入

参照記事:tripleA

世界の大企業が仮想通貨での支払いを受け入れ始めています。

高級ブランド企業『GUCCI』もX(Twitter)で参入を表明しています。

メタバースの探求を続けるグッチは、Yuga Labsと協力していく。物理世界とデジタル世界の境界を曖昧にする、新しい物語が形作られることに期待してほしい。

参照記事:CoinPost『グッチ、YugaLabsと複数年のパートナーシップ締結』

2024年にビットコイン半減期を迎える

そもそもビットコインの半減期って何?

ビットコインには半減期という仕組みがあり、マイニング報酬というマイナーが受け取る報酬額が4年に1度半減します。

このようにビットコインの半減期は約4年に1度の間隔で行われ、最初の半減期は2012年に発生し2016年、2020年に行われています。次の半減期は2024年に行われると予想されています。

ビットコインの誕生した当初のマイニング報酬は約50BTCで、4年に1度半減し2100万枚のビットコイン全てが採掘されるまで続く仕組みです。

半減期を迎える度にビットコインのマイナーへの支払いは減少し続け、新しいビットコインの発行が徐々に減り、ビットコインの発行上限である2,100万枚に達すると完全に終了すると設計されています。

2,100万枚のビットコイン全てが採掘されるのは、2140年頃と予想されています。

デジタルゴールドと呼ばれてる理由の1つがビットコインの発行枚数が減るという性質が金に似ている事です。

ビットコインの半減期と価格は関係しているの?

ビットコインの歴史をチャートで確認すると、赤丸の半減期を迎えた後に価格が上昇しています。

半減期ごとにビットコインの発行枚数が減るので、ビットコインの価値が上がり価格も上がっています。

ビットコインの半減期ごとのチャートを見てみましょう。

半減期の2012年、2016年、2020年それぞれの翌年に価格が上昇しています。

画像参照:CoinMarketCap

2012年1月頃〜2013年12月頃のチャート

半減期:2012年11月28日

画像参照:CoinMarketCap

2016年1月頃〜2017年12月頃

半減期:2016年7月9日

画像参照:CoinMarketCap

2020年1月頃〜2021年12月頃

半減期:2020年5月11日

【注意】仮想通貨に限らず投資は下がる事もあります。

実際に過去の半減期で爆上げした後に爆下げも繰り返されているのが現状です。

これまでの歴史から見て、半減期の翌年にビットコインの価格が上昇しているのは1つの投資指標と言えるでしょう。

さぁ、仮想通貨を始めよう!

仮想通貨の将来性については他にもさまざまな要因が挙げられますが、当記事では3つの理由に注目しました。

仮想通貨はオワコンではない理由がわかったら、この記事を参考にして仮想通貨デビューをしましょう!

90%の人が読んで終わり。行動する人はたった10%です。

1歩、行動することで未来が大きく変わります。

【 本気の人へ 】次につながる行動まとめ

  • 500円から仮想通貨を始められるコインチェックの口座解説方法
  • ポイント活もできるbitFlyerの口座解説方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました